ぺぱれすセールスクエストで営業活動の即戦力!

利用規約

  • HOME »
  • 利用規約

「営業の達人」サービス規約

第1章 総則

第1条(規約の適用)

ぺぱれす株式会社(以下「甲」という)は、営業支援アプリ「営業の達人」(以下「本サービス」という)を利用する条件として、「営業の達人 サービス規約」(以下「サービス規約」という)を定めます。契約者(以下「乙」という)は本規約に同意した上で、本サービスの利用を申込利用するものとします。

第2条(サービス内容)

甲は、本規約を定め、これに従い、乙に対し携帯情報端末を使った営業支援サービスを提供します。また甲が提供する手段を通じて随時発表される追加変更規定も本規約の一部を構成します。

第3条(規約の変更等)

甲は、この規約を変更することがあります。この場合アプリケーションサービスの提供条件は、変更後の「営業の達人 サービス規約」によります。

第4条(契約の単位)

契約は、携帯情報端末一台ごとに付与されている端末識別子を基準にして契約企業・団体ごとに締結するものとします。

第5条(無償試用)

  1. 乙は甲が別途定める範囲において、各サービスを無償でご試用いただく事ができます。
  2. 無償期間は、甲が別途サービス上で通知した期間とします。試用期間を経過して尚且つ継続してご利用される場合、乙は別途甲との有償の正規利用申込みを行った上で利用権利を取得しなければなりません。

第6条(契約の成立)

契約は、乙があらかじめこの規約を承諾し、甲が定める様式の利用契約申込の所要事項を記入のうえ送信または送付し、甲がこれを承諾した場合に成立します。

第7条(契約申込の受付とサービスの開始)

当社が契約申込を承諾した場合、利用者に対して、サービス開始をメールまたはその他の方法で通知します。

第8条(契約の有効期間)

  1. 甲は、有償利用の契約を実施いただいた場合、甲が別に定める場合を除き、12ヶ月を最低利用期間と定めます。対象期間は毎月1日から月末までの1ヶ月となり、途中契約や解約による日割り計算はされません。月途中からのご利用の場合も、当月ご利用料金は発生いたします。また、特段の問題が生じない場合は、自動的に12ヶ月単位で延長するものとし、その後同様に延長されるものとします。
  2. 乙は、前項の最低利用期間内に本サービスを解約し、または解約された場合も一切の返金はございません。また、既に支払い済の料金がある場合には、甲は払い戻しを行わないものとします。

第9条(情報の変更の届)

乙は、名称、住所、ファックス番号、メールアドレスに変更があったときは、そのことを速やかに甲が定めた方法により甲に届け出ていただきます。ただし、その変更があったにもかかわらず、届出がないときは甲が届出を受けている名称、住所への郵送、ファックス番号、メールアドレスへの通知をもってその通知を行ったものとみなします。

第10条(契約の譲渡)

  1. 乙は、契約に関して生ずる一切の権利・義務を第三者に譲渡することはできません。
  2. 甲は、本規約に基づき、乙に何ら通知を行うことなく、甲が乙から料金等(遅延利息を含む)の支払を受ける権利の全部または一部を、甲が指定する第三者に対して譲渡することができる。

第11条(利用料金)

  1. 乙が機能拡張を希望される場合は、甲の定める料金を前払いにより支払われるものとし、一度支払われた利用料金は、甲が別途明示的に同意又は案内をした場合を除いて、一切返金できません。乙は、本アプリの利用に関して発生した全ての料金(紛争などにより未確定のものも含みます)を支払うものとし、いかなる理由によってもその支払いを留保する権利は有していないものとします。
    また乙は、乙が契約をしている又は無償で利用をしている通信サービス及び/又はインターネット接続サービスの中断又は瑕疵によって、本アプリケーションの利用ができないことがあっても、甲との契約に基づき本アプリケーションの利用に関して課金される料金は返還されないことを明示的に了解するものとします。
  2. 本アプリの利用に関しては、別途インターネットプロバイダまたは携帯電話会社所定の通信料を乙が全額負担するものとします。

第12条(遅延損害金)

乙は、甲に対する債務支払いを遅延した場合は、延滞期間につき年率14.6%の損害金を甲に支払うものとします。

第13条(責任及び免責事項)

  1. 甲は、本アプリケーションに瑕疵が発見された場合、乙に対し瑕疵のある旨を通知するとともに、瑕疵のない本アプリケーションの提供又は当該アプリケーションの瑕疵を修補すべく努めます。ただし、その実現を保証するものではなく、本アプリケーションの瑕疵に起因して乙が被った直接的又は間接的損害 (携帯情報端末、ソフトウェアの破損を含む。)及び 第三者が被った損害については一切責任を負いません。
  2. 甲は、本アプリケーションを現状有姿のまま提供するものとし、第三者の知的財産権及びその他の権利の非侵害性、商品性、完全性、有用性及び特定の目的に対する適合性を含め、明示又は黙示を問わず一切保証しません。
  3. 甲は、本アプリケーションの使用に際して乙が直接的又は間接的に被ったいかなる損害(甲の予見可能性の有無を問わず発生した特別損害、間接損害及び逸失利益、機会の損失、データの損失を含む)についても責任を負いません。
  4. 甲は、予告なく本サービスの一部または全部を変更または廃止することがあります。また、乙が本サービスを通して得る情報の正確性を、甲は保証を行わないものとします。
  5. 本サービスは全ての利用者の携帯端末(スマートフォン)への対応を保証するものではありません。
  6. 甲は本アプリの提供する位置情報の正確性を保証するものではありません。

第14条(責任の制限)

甲は、本サービスを提供すべき場合において、甲の責めに帰すべき事由によりその提供をしなかったときは、その本サービスが全く利用できない状態にあることを甲が認知した時刻から起算して、24時間以上その状態が連続したときに限り、その利用がまったくできない状態からサービスが再び利用できることを甲が確認したときまでの時間を24で除した数(小数点以下の数は切り捨てます)に1カ月分に相当する料金等の30分の1を乗じて算出した額(円未満切り捨て)を乙に対し請求しません。

第15条(ユーザーID・パスワード管理)

  1. 甲は、本サービス利用のため、乙に対し特定のユーザーID及びパスワードを与えるものとします。
  2. 乙は、ユーザーIDを第三者に貸与したり、第三者と共有しないものとします。
  3. 乙は、ユーザーIDやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害などについては、甲に重過失がある場合を除いて、甲はいかなる責任も負いません。
  4. 甲が必要と判断した場合、特定ユーザーのアカウントを抹消し、本サービスの利用を禁止することができます。
  5. 乙及び甲は、ユーザーIDに対応するパスワードを第三者に開示しないとともに、第三者に漏洩することのないよう管理するものとします。
  6. 乙は、乙のユーザーID及びパスワードにより本サービスが利用されたときには、乙自身の利用とみなされることに同意したこととします。ただし、甲の故意または重大なる過失によりユーザーIDまたはパスワードが第三者に利用された場合にはこの限りではありません。

第16条(禁止行為)

  1. 他の契約者、第三者もしくは甲が保有する、知的財産権その他の財産権およびその権利を侵害する行為または侵害するおそれのある行為。
  2. 他の契約者、第三者もしくは甲が保有する財産もしくはプライバシーもしくは消費者を侵害する行為または侵害するおそれのある行為。
  3. 他の契約者、第三者もしくは甲に不利益もしくは損害を与える行為またはそのおそれのある行為。
  4. 法令に違反する行為や犯罪行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいはそれを助長する行為。
  5. ユーザーアカウント、パスワードを不正な目的をもって使用する行為。
  6. 本サービスおよびその他甲が提供する各種サービスの運営を妨げる行為またはそのおそれがある行為。
  7. 甲、本サービスおよびその他本サービスが提供する本サービスの信用・名誉を傷つける行為またはそのおそれがある行為。
  8. その他甲が不適切と判断する行為。

第17条(利用の制限)

甲は利用者のうち、平均的な利用を著しく上回る大量の通信を継続して行い、甲もしくは第三者のネットワークに過大な負荷を与え、本サービスの提供に支障があると認める時は、乙の通信を制御する場合があります。

第18条(保守等による本サービスの中止)

甲は次の場合には本サービスの提供を中止あるいは停止することがあります。サービス停止により乙に損害が生じたとしても、甲は一切の責任を負わないものとし、本規定は他の規定に優先して適用されるものとします。

  1. 本サービス用設備の保守上または工事上やむを得ない場合
  2. 甲は前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、予めその旨を乙に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

第19条(情報の取扱)

  1. 乙は甲より提供され乙が運営するサーバー内のデータ領域(データ保管空間)内でなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己が為したか否かを問わず、一切の責任を負うものとします。
  2. 甲は乙が登録したデータの内容につき、何らの保証も行わず、その責任を負わないものとします。
  3. 乙は、自己のデータ領域(データ保管空間)内での紛争等は自己の責任において解決するものとし、甲又はその他の第三者に迷惑を掛け、あるいは何らの損害等も与えないこととします。
  4. 乙は個人情報を取得・利用して、本サービスを利用する場合には、個人情報の主体から同意を得なければならないものとします。
  5. 甲は乙が登録したデータの保管は1年間保管といたします。

第20条(削除権限)

甲は甲の判断により、乙が作成した情報について、その全部もしくは一部の削除または変更等の措置を行うことができるものとします。

第21条(位置情報)

本サービス上で、位置情報を使用するサービスを提供しています。乙がこれらのサービスを利用した場合、乙の現在地情報(携帯端末から送信されるGPS信号など)や、位置の推定に使用できる情報を当社が取得することがあります。また、乙は乙を特定できない状態での乙の位置情報を甲が自ら使用すること、および第三者に提供し使用させる事について了承するものとします。

第22条(解約)

  1. 乙は、本サービスを解約しようとする場合には、甲所定の方法にて届出をするものとします。この場合、甲が当該届出を毎月月末までに受け付けたものは、その翌月月末をもって、利用契約が解約されるものとします。ただし、前記の届出を甲が受け付けた日が、前条に定める最低利用期間の経過前である場合は、前条の規定が適用されるものとします。
  2. 前項により利用契約を解約した場合であっても、乙は、その利用期間中の料金等の支払義務を免れることはできないものとします。
  3. 第1項による本サービスの解約の意思表示は、解約対象となる本サービスに付随するすべてのサービスを含めた解約の意思表示とみなすものとします。
  4. 甲は本契約終了後、乙の登録データは削除するものとします。乙は甲の登録データ削除に対し、一切の異議を述べないものとし、甲は登録データ削除から生じる乙の損害を一切負担しないものとします。

第23条(解除)

乙が次の事由に該当した場合、甲は乙に対し何らの催告も要せず、即時加入契約を解除することができるものとする。

  1. 本契約の一に違反した場合
  2. 利用料金等の支払いを1回でも怠った場合
  3. 破産手続き開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始の申し立てをうけ、又はなした場合もしくは特定調停の申し立てをなした場合
  4. 解散、法人の合併もしくは分割をした場合

第24条(反社会的勢力の排除に関する約定)

  1. 甲および乙は、次の各号に定める事項について、相手方に対して表明し、かつ将来にわたって該当しないことを保証する。
    1. 自ら(その役員、使用人その他の関係者を含む。以下、同じ。)が、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等ではないこと。

    2. 甲および乙は、前項に対する違反が発覚した場合には、直ちに相手方にその事実を報告するものとする。
    3. 自らが反社会的勢力を利用していないこと。
    4. 自らが反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていないこと。
    5. 自らが反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。
    6. 自らまたは第三者を利用して、相手方または相手方の関係者に対して、詐術、暴力行為、または脅迫的言辞を用いる行為、偽計または威力を用いて業務を妨害し、または信用を毀損する行為等を行わないこと。
  2. 乙は、個別契約の下請負者(下請負者が数次にわたるときは、その全てを含む。以下、同じ。)が前項のいずれにも該当しないことを確認し、該当またはその恐れがあることを知った場合には直ちに当該下請負者との関係を遮断しなければならない。
  3. 乙は、乙または乙の下請負者が反社会的勢力による不当または違法な要求若しくは個別契約の適正な履行を妨げる行為(以下、「不当介入」という。)を受けた 場合には、断固としてこれを拒否し、または下請負者をして断固としてこれを拒否させるとともに、不当介入があった時点で、速やかに甲にこれを報告し、甲の捜査機関への通報および発注者への報告に必要な協力を行うものとする。
  4. 甲および乙は、相手方が、上記各条項に違反した場合は、何らかの催告その他の手続きを要せず、基本契約および個別契約を解除または解約することができる。
  5. 甲および乙は、相手方が前条の定めに違反したことにより損害を被ったときは、その損害の賠償を相手方に請求することができる。
  6. 甲および乙は、前項により契約を解除または解約されたことを理由として、相手方に損害の賠償を請求することができない。

第25条(通知または連絡)

乙が甲に対して連絡を希望される場合は、甲が設定した問合せページまたは甲が指定するメールアドレス宛のメールによって行うものとし、甲は乙からの問合せに対する回答はメールのみでの行う事を原則とします。

第26条(定め無き事項)

この契約に定め無き事項が発生した場合には、甲と乙は契約の締結の主旨に従い誠意をもって協議のうえ解決にあたるものとします。

第27条(合意管轄)

本契約の解釈又は履行につき争いが生じた場合の管轄裁判所を大阪地方裁判所とすることを甲と乙とは合意します。

TEL 06-6147-7788 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]





PAGETOP
Copyright © ぺぱれす株式会社 All Rights Reserved.